仕事内容の悩みが最多

 

看護師の悩みの中で、一番多いものと言えば仕事内容でしょう。

 

看護師の仕事はとてもハード、と言うのは、看護師じゃなくても容易に想像がつきます。

 

病棟勤務の場合、命を預かるという重責に加えて、夜勤があったり、一人で何人もの患者を担当しなくてはいけません。

 

ベッドメーキングや配膳、入浴や食事、排泄の介助などもあります。

 

外来勤務だと、仕事内容は多岐にわたります。

 

体温や脈拍、血圧などを検査するバイタルチェック、診察の準備から片付け、医師のサポート、点滴や注射、採血、記録。

 

こういった仕事を勤務中ずっとこなすのですから、その大変さは相当なものですよね。

 

 

さらに、看護師は休憩がきちんと取れることもほとんどありませんし、残業も多いでしょう。

 

休日出勤もありますし、有給休暇を取るのは難しいというのも実情です

 

つまり、肉体的にも精神的にも大きな負担を抱える仕事内容なのが、看護師なのですね。

 

こういった労働環境で働くのですから、いつ医療ミスを起こすか分からないと不安を抱える方も多いそうです。

 

そのため、転職を考える方が多いのは当たり前とも言えるかもしれません。

 

我慢しすぎると、最悪の結果も・・・

 

だけど、その逆で、働く場所を変えても、看護師をしている限り仕事内容はどこも同じと思っている方も少なくないようです。

 

また、みんな同じ環境で頑張っているのだから、自分だって我慢しなくてはいけないと思ってる方もいるでしょう。

 

確かに、病院での勤務は楽ということはありません。

 

怪我をしたり病気になった人を相手にするのですから、普通の仕事の内容と比べるとハードになるのはしょうがないこととも言えます。

 

しかも、看護師が不足している状況は続いているので、残業や休みが取れないこともあります。

 

 

でも、最近は看護師の過労死認定がされたこともあり、医療機関では看護師の労働条件の見直しをしているところが増えています。

 

看護協会でも、看護師のライフ・ワーク・バランスに関しての取り組みも始まっています。

 

ですから、転職をすることによって、仕事の悩みが解決出来る環境が整ってきているのです。

 

つまり、看護師でも働く場所次第で、仕事内容の悩みから解放されるのですね。