看護師の給料は一般的には高い?!

 

看護師はお給料が高い、と言うイメージがあります。

 

確かに、初任給で見ると、同じ年代の人と比べてみれば高いと言えるでしょう。

 

ただ、医療機関と言うのは、景気に左右されないという反面、大幅に業績がアップしたりすることもありません。

 

ですから、社会人になって何年か経つと、一般職のお給料と大差がないと言われています。

 

だけど、仕事の内容からすると、看護師の方が重大な責任を背負っています。

 

普通の仕事でミスをしても、お金の損失だったり、会社に迷惑をかけることで済むでしょう。

 

でも、看護師がミスをすると、人の命や健康が失われることがあるのです。

 

こういった点から見れば、看護師のお給料は決して高額とは言えないことの方が多いのです。

 

働く医療機関によって、給料は大きなさがある場合も

 

また、同じぐらいのスキルと経験を持っている看護師でも、働く医療機関によってお給料は違ってきます。

 

仕事内容は同じでも、お給料に差が出ることもあります。

 

ほとんどの方は、人の役に立ちたい、苦しんでいる人を助けたいという気持ちで看護師になったと思います。

 

しかし、いくらそういう気持ちで看護師になったとしても、やはりお給料はモチベーションの一つです。

 

お給料が高ければ、どんなに仕事がハードでも耐えられることもあるでしょう。

 

でも、お給料になっとくが出来なければ、やる気がなくなるのも当たり前のことと言えます。

 

ハードな仕事でお給料が低い、という状況が続けば、転職しようと思うのもごく自然なことですね。

 

 

お金に関する悩みで転職する場合は、当然、待遇面を優先してチェックするでしょう。

 

ただ、ここで気をつけたいのは、待遇面だけにこだわりすぎないことです。

 

待遇が飛び抜けて良い求人の場合、もしかしたら離職率が高い職場なのかもしれません。

 

離職率が高いということは、人間関係が悪かったり、仕事環境が劣悪だったりする可能性が高いということです。

 

いくら待遇が良くても、仕事がしにくい環境だったら、また転職しなくてはいけないこともあります。

 

もちろん、お金のことも重要ですが、仕事環境もしっかり確認して、後悔しない転職をしてください。